プロフィール

最新の記事

カレンダー

月間アーカイブ

カテゴリ

さて昨日の続きです。

画像1
眼鏡橋がかかっている中島川の堤防は、石垣が左右で全然違います。
こちら側は大きな石が斜めに積んでありますが


画像2
反対側は小さめのがびっちりと積まれています。
なんでも大きめの石垣は幕府が築いたもので、小さめのは町人が築いたものだとか。
ウソかまことか(笑)意外にただの与太話かもしれません。

画像3
小さめの方は所々でこんな風に区切っています。
昔の町屋の幅に沿っていたとか。
この川の向こうはお寺がたくさんある寺町へと続きます。
川と寺町の間は門前市があったはず。そんな江戸の昔の風景を石垣の幅に合わせて想像してみるのもいいかもしれません。